異端の集客方法

 

ビジネスの始まりは、すべて集客。

 

この集客が出来れば、あとは販売法をアレンジすることで

ビジネス自体の展開を楽にできます。

 

その集客をどう行うかによって、展開の仕方も変わってくるのですが、

これを考えなければ、どんなビジネスでも売り上げを立たせることは出来ません。

 

しかし、大半の企業も集客が出来ていないのが現状。

 

どれだけいいものを持っていても、その価値が認知されなければ、

それはビジネスにはなりえないです。

 

絶海の孤島で、お店を開いても、お客さんが来ないのは

火を見るよりも明らかです。

 

集客では、いかに興味を持たせられるかの他者視点に注力する必要があります。

 

この集客力があれば、人の流れをある程度コントロールできるので、

自分だけではなく、誰かの売上を立たせ、結果、勝たせたい人を勝たせることにも繋がります。

 

なお、集客法に関しては、リアル集客やWEB集客と多種多様な集客方法がありますが、

そのなかである会社の集客方法が面白かったです。

 

よくある資産運用の会社なのですが、

そのお金の運用をAIに一任し、分散で投資していくシステムを持っています。

 

ただ、ここまでならばある程度、予想は出来るのですが、

それの興味のきっかけを作るPVが非常にうまく、スタイリッシュで、

『挑戦のためにお金が必要』という想いのあるコンセプトが特に面白かったです。

 

実質その通りで、収入がなければ現代では選択肢が狭まります。

この資本主義では、お金に着目することは、現実に向き合うことに通じます。

 

その会社は、動画で興味を持たせ、会社の商品へと流れを持っていくという集客方法なのですが、

その商品の優劣はともかく、コンセプトと興味を引いていく流れは参考になりました。

 

詳しくはこちらを。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です