森羅万象、常に動き続ける流水であることの大切さ

流水のごとき、人生であること。

 

最近、禅や宗教関係の人と話していた時に、重要だなと感じたことです。

 

ビジネスや仕事を上手く長期的に運用する人は、流れを持って、

その流れに乗って、流れを活用している。

 

その流れは、人生の流れであり、運であり、時であり、チャンスという流れにうまく乗っていると、お会いしたある法師が言っていました。

 

自然の流れのチャクラの流れに乗って、自らを動かす。

 

その流れの乗り方が上手い人は、人生をよろしくやっている。

 

水に例えてみるとこれは分かりやすく、

 

停滞した水は、いずれ、淀み、腐りゆく。

 

しかし、流れ続ける水は、淀まず、大地を肥す。

流れがあるからこそ、大地は富み、生命が育まれる。

 

そして、海という大海に渡り、それが蒸発し、雲となり、それが雨になり、また川という水の流れを生む。

 

全ては巡り巡る自然の流れの循環。

 

森羅万象は、その流れの中に存在する。

 

ビジネスでも、その流れの分水嶺を見極め、その流れに乗る意識が、人生を前進させます。

 

自分自身も、流れに乗るという感覚はあいまいで、抽象的なものだと感じていましたが、最近はその流れに乗る意識の重要性を体感しています。

 

流れに乗れば、自然と行動せざるを得なくなるので。(笑)

 

多くの人は、物事の流れに身を乗せることに恐怖があるかもしれんませんが、日本ではまず死なないので、面白ければ、その流れに飛び込んでみると、全く予想だにしなかったところまで、その大きな流れが運んでくれます。

 

だからこそ、自分の仕事でもビジネスでも、淀んだ停滞した水ではなく、

 

流れ続ける流水のごとく、流れに乗る意識を持った方が、人生を本当に面白く生きれます(笑)

 

ちなみに、最近に二冊目を出したのですが、過去に囚われた人や、人生が淀み、停滞している人の水路の流れを作れるものになると思うので、ぜひ手に取っていただければ。

https://goo.gl/LBZf2k

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です