カルチャーを創れ!カルチャーマーケティングの時代

ジブリというブランドは、カルチャーそのもの。

 

文化を作ることが出来るマーケティングは、ビジネスにおいて長期的に持続する。

いろんなモデルを分析している中で、感じるところです。

 

カルチャーとしての文化を作れるということは、多くの人に受け入れられるということであり、大衆に対しての受容を目指すマーケティングモデルが、「カルチャーマーケティング」です。

 

それは、売り上げを最大化し、持続的な利益を維持することが出来ます。

 

現在のあらゆるものは、発端となるビジネスが存在していました。

その発端がきっかけとなり、社会全体へと広がっていった。

 

その中でも、食は特に文化、カルチャーの影響を色濃く受けるものですね。

 

ハンバーガーや、ホットドックなどのファーストフードは欧米の影響を大いに受けた文化ですし、日本の文化としては、お米や味噌、納豆などの食のカルチャーが存在します。

 

納豆は他の国では、受け入れがたいものだとも思いますし、

台湾に行った時の腐豆腐などもその国特有の食のカルチャーだと感じました。

物凄い匂いがしたんですが(笑)

 

海外の市場でもその国の文化を知るのは非常に重要です。

それを知らなければ、何が売れるのか、何を求めているのかがわかりません。

それがわからないと、売り上げを立てるのは夢物語に終わります。

 

カルチャーを見てみるとiPhoneというブランドもAppleのジョブズが産み出した文化です。その文化が人々の間で受け入れられ、現市場における強力なシェアを維持しています。

 

アミューズメントの分野では、このカルチャーマーケティングは強力ですが、

持続性の点で難がありますね(一発屋で終わらないようにしないといけない)

 

このカルチャーマーケティングは、ブームを起こすという点で、普通では起こせないような気もしますが、徹底した市場の顧客目線であれば、そのチャンスを見出せる可能性が向上します。

 

カルチャーマーケティングを行うにあたっては、この徹底した市場に対する客観的な視点が必要不可欠です。

 

スマホという存在も、ラーメンも、ペットボトルの水も、ファッションも、

どの分野においても重要になるマーケティング観点です。

 

ちなみに、僕がやっているオフラインでのカルチャーマーケティングのモデルを題材とした、電子書籍を直近で出版する予定です。なので、最近はずっと文章と格闘していました(笑)

 

皆さんお楽しみに!!

 

また、今日はマーケティング動画撮影の収録でした(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です